中高年が勝負の年!転職で天職へ

色々な職業がありますが、皆さんは今の仕事に満足しているでしょうか。
私は今までに1回、転職をした経験があります。
現在の年齢は35歳ですが、転職をした年齢は30歳でした。一般的に言われている、転職適齢期のぎりぎりの年齢ではないでしょうか。
転職をしてみて感じたことですが、私は転職適齢期はないと思っています。この表現は、やり直すことができるであろう年齢だと考えられていますが、転職に大切なことは年齢ではなく、資格と知識と経験なのです。
これはどの業種でも同じです。
30歳だとうと40歳だとうと、企業は貴重な資格を持ってさらに知識と経験がある人材を求めていることは確かです。
実際、私は国家資格をいくつか持っていますが、この国家資格と経験を考慮され、今の就職先が決まったのです。
つまり、何歳になっても必要とされている人材であり続ければ、どこでも就職できるチャンスがあるということです。
しかし、そう簡単な話ではないことも事実です。
ある調査では、ほんとうに会社が求めている人材は社員のほんの2割ほどなのだそうです。つまり、残りの8割は転職を希望してもかなわない可能性があるということなのです。
ピラミット方式である企業にとって、2割という数字は確かに理解でるでしょう。成功するということが、いかに難しいことなのかわかると思います。
しかし、消極的になる必要は決してありません。必要とされる人材になるように努力をすればいいのです。
転職は人生の中でとても大きなターニングポイントになります。それだけ大切ことなので、努力をすることを惜しまないようにするべきです。 転職サイトの探し方 転職サイトのランキング